Slider

【失敗しない飲食フランチャイズの選び方】おすすめ業種は?

フランチャイズで開業する場合と個人で開業する場合、一体どちらが儲かるのでしょうか?

それは断然フランチャイズの方が儲かります。

皆さんが普段目にする飲食店を思い出してください。結構早いペースでお店って入れ替わっていませんか?

実に3年で7割の飲食店が廃業している現状です。(ちなみに10年では9割以上が廃業しています)

【飲食店】フランチャイズで開業する際におすすめ

でも、フランチャイズのお店はどうでしょうか?子供の頃よく連れってってもらったファミレスや学生の頃、学校帰りに行ってたファーストフード!って今もあったりしませんか?

10年、20年、30年続いている!みたいなこと結構あったりしますよね。

個人とフランチャイズとの決定的な違いは、経営ノウハウの差なんです。

フランチャイズ出店と個人出店の違い

徹底的な市場調査・競合調査

フランチャイズで開業する際まず本社があらかじめ持っている優良物件情報の中から選定します。

そしてその場所周辺の商圏調査を徹底的に行い、その商圏に昼間人口や夜間人口といった、一体どのくらいの年齢の方がどのくらいいるのか?などを調べるとともに、近隣飲食店の数や業種を調べ、どんな業態がそのエリアに求められているのか?などなど、徹底的に調べます。

個人で開業する際、そこまで調べる人はほとんどいないと思います。

しかし商圏調査・競合店調査は非常に大切で開業時に限らず定期的に調べる必要があります。

何故なら、例えば同じ業態のお店が多ければ多いほどお客様の数は分散してしまいますが、逆に唯一そこしかない業態であれば、(もちろん需要があるという前提ですが)ある意味一人勝ちでできるからなんです。

  • 自分は味に自信がある
  • あの店より美味しいものを出している 

オーナーシェフの方がよく言いますが、このような主観はあまり重要ではありません。(味覚はあくまでお客様の主観です)

ご自身がファミレスにご家族と行く場合や、仕事の合間に昼ごはんを食べる時、仕事仲間と宴会を予定する場合など、味だけで決めているかと言われるとそうではないと思います。

< POINT >

競合の少ない業態で、価値のある商品を提供することが長く安定した利益を確保するために大切

研修・トレーニング

フランチャイズに加盟するとまず本社か、もしくはすでに営業中の実店舗で研修があります。ここで商品やオペレーションを始め基本的な店舗営業を学ぶことができます。

これがまた非常に大切で、どの時間帯が忙しいのか?その忙しい時間帯にどんな作業に追われるのか?それを回避するためには何が必要なのか?などなどを自身のお店がオープンする前に全く同じ商品とオペレーションの元、体感できるんです。これ非常に大切です。

個人店であればお店が出来上がってからじゃないとトレーニングできません。しかしそこで何が不備があったとしてもすでに店は出来上がっていますからどうしようもありません。そんな状態で営業したとしてもトレーニングしていませんのでお客様に満足なサービスができません。

  • オープン当日に店に行ったけど、注文したものが出て来なかった!
  • 注文したものと違うものが出てきた!

みたいなことよくありますよね。こうなるとせっかくのオープン景気で、逆にお店の悪い評判を広げてしまう羽目になります。

< POINT >

同じ商品・同じオペレーションをオープン前にトレーニングすることでオープン景気にも問題なく対応でき、その後のリピートに繋げることができる

オペレーション管理

前項の研修に付随しますが、フランチャイズの場合長い期間安定した利益を確保できる設計になっています。

そうでないと本社の利益も安定しませんし、入れ替わりが激しいとそのブランド自体にも傷がついてしまいます。

ゆえに、商品力はさることながらその商品の調理から配膳まで徹底してオペレーション管理を行なっています。

そうすることでアルバイトでも調理が可能になるとともに、経験に左右されず一定のクオリティーで商品を提供することができます。

これは余分な人件費の削減にもつながり、継続的な利益の確保に欠かせません。

< POINT >

徹底したオペレーション管理で、余分な人件費をかけず常に安定した商品を提供することができる。そのため人材の確保という面においても重要

食材・原価管理

フランチャイズの場合メインの商品に関しては基本的にレシピや盛り付けが決まっており、また仕入先も本部へ発注するなど決まっています。

これは食材費を管理する上で非常に大切なシステムです。

仕入先が固定でなかったり、個人商店に発注する場合、時期によって価格が大きく変動したり、最悪の場合取引先が廃業してしまい、その日食材が届かないというような自体を引き起こしてしまう可能性があります。

ちなみに、飲食店を経営する際 ” FLコスト ” という重要な指標があります。これは人件費と食材費の合算のことで、この比率を売上の60%以内に抑えることが、安定した利益確保には絶対なんです。

この重要な指標をコントロールする上でもレシピや本部発注は大切なシステムです。

さらにこの数字を毎月本部も管理しますので、ほぼブレることはありませんし、ブレてもすぐに修正することが可能です。

個人店で毎月の原価率をきちっと管理している人は非常に少ないと思います。(管理しているというのは数字を把握することではなく、その中身を理解しているかということです)

なぜならこのFLコストをきちっと管理して、その対策を行なっていれば廃業に追い込まれることはほぼありません。しかし3年で7割廃業(10年では実に9割以上が廃業)しているということは、大半の方が管理していないという証拠です。

< POINT >

徹底した原価管理で、FLコストを60%に抑えることができ安定した利益を確保できる上、本部との連携管理で迅速に対応でき、継続的な経営が可能になる

売上・経費管理

レジアプリなどで売り上げを管理し、同時に本部にもそのデータが送られるため双方で管理ができます。

客単価・時間別売り上げ・組み人数・ABC分析などなど様々なデータをもとに店の現状を分析し健全な経営をサポートします。

個人で管理する場合、現状の数字が他店舗と比べてどうなのかの判断ができません。利益が出ているか否かはわかりますが、その利益が適正かどうかを1人で判断するのは難しいと思います。

一方フランチャイズでは全国に同じ業態店舗がありますので、人件費・原価はもちろんのこと、客単価や時間帯売り上げ・水道光熱費や消耗品費などを常に数字を比較することができます。

売り上げが一緒なのに人件費や水道光熱費が高い場合にはどこかに問題があります。そして、そのような問題を本部と常に共有し迅速に改善策を講じることができます。

< POINT >

基本的な数字を管理することで店の現状を客観的に判断することができるため、常に正しい方向へ店を軌道修正しながら経営することができる

販売促進管理

売り上げなどのデータから店の状況を正確に把握し、効果的に販売促進を行います。

新商品の開発・メニューブックのリニュアル・ホームページ戦略・登り・キャンペーンなどを行い、その結果も分析し次なる策を検討していきます。しかもこれを全国にある加盟店で行うためサンプリングの数が多く、より効果的な販売促進を行うことができます。

個人店では1店舗もしくは数店舗での検証なので精度が圧倒的に違います。

< POINT >

数字の管理と検証できる店舗数の多さが、費用対効果のいい宣伝広告を可能にする

成功事例・失敗事例が豊富

フランチャイズとは言え、出店したお店がオープンしてから全て順風満帆というわけではなく、右葉曲折あって全国に加盟店を増やしています。その成功事例と失敗事例の豊富さが何よりのノウハウです。

効果のある戦略効果の期待できない戦略の蓄積が、飲食店を経営する上での生命線です。しかし個人のお店は失敗=廃業となってしまいます。

飲食業界においては10年で9割以上が廃業するわけですから、廃業しないことがある意味成功なんです。そのためには、トライ&エラーを繰り返し常に軌道修正しながら地道に進んでいくことが必要です。そのためにも同業態の成功事例と失敗事例はまさに宝です。

< POINT >

成功事例と失敗事例の蓄積が、継続的かつ健全な経営の1番の近道

ポイントのまとめ

  • 競合の少ない業態で、価値のある商品を提供することが長く安定した利益を確保するために大切
  • 同じ商品・同じオペレーションをオープン前にトレーニングすることでオープン景気にも問題なく対応でき、その後のリピートに繋げることができる
  • 徹底したオペレーション管理で、余分な人件費をかけず常に安定した商品を提供することができる。そのため人材の確保という面においても重要
  • 徹底した原価管理で、FLコストを60%に抑えることができ安定した利益を確保できる上、本部との連携管理で迅速に対応でき、継続的な経営が可能になる
  • 基本的な数字を管理することで店の現状を客観的に判断することができるため、常に正しい方向へ店を軌道修正しながら経営することができる
  • 数字の管理と検証できる店舗数の多さが、費用対効果のいい宣伝広告を可能にする
  • 成功事例と失敗事例の蓄積が、継続的かつ健全な経営の1番の近道

このようにフランチャイズ出店と個人出店では比べ物にならないほどの違いがあり、その違いが経営年数に比例すると考えています。

フランチャイズチェーンの本部は、店が潰れないよう全力でバックアップします。閉店すれば多少なりともブランドに傷がつきますし、その後の出店計画がうまくいきません。

逆に着実に全国に広がっていけば自然にブランディング化され全国展開しやすくなります。全国に店舗数が増えれば増えるほど加盟希望者が増えてきます。

今コンビニでいうとセブンイレブンが増えていませんか?もしご自身がコンビニをフランチャイズで開業しようと考えるとき、なんとなく増えてきているからセブンイレブンがいいかな!って思ったりしますよね!!

このように店舗数を増やすことはフランチャイズ本部の最大の使命ですから、当然総力をあげて加盟店をバックアップします

  • しっかりとしたノウハウがある
  • 困った時に相談できる相手がいる

このことは経営にとって非常に大切なことです。なので、飲食店を初めて開業する方にはぜひフランチャイズをオススメいたします。

そのフランチャイズで利益のベースを作って、さらに何か考えがあればそこから自分独自の物を作っていけばいいのではないでしょうか?気持ちと勢いだけでは店は長続きしません継続的に安定した利益を出し続けることが何よりです。ぜひご参考にされてください。

おすすめの業態・業種・ジャンルは

以上のことを踏まえて絶対の自信を持ってオススメするフランチャイズがこちらです

ローリスク・ミドルリターン!1店舗3毛作営業で安定した売上を確保できる

無添加カレーフランチャイズCfarm

おすすめ飲食フランチャイズ無料資料請求・加盟金業界最安値

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせフォーム・LINEより受付しております。

簡単なご質問等個別のやり取りに便利な、LINEをご活用ください。ご登録いただいた方皆様に、随時経営に役立つ情報を発信していますので、是非ご登録ください。

お問い合わせ

  電話でのお問い合わせはコチラ
TEL:0120-540-756