Slider

今からフランチャイズで飲食店を開業したいと思っている人にオススメなジャンル

フランチャイズでの開業をお考えの方におすすめのジャンルをご紹介します。

飲食フランチャイズの種類は様々ありそれぞれに特徴があります。

業態 開業コスト オペレーション 客単価 自由度 特徴
ラーメン・麺系 ✖️ ✖️ 競合が多い
焼肉・ステーキハウス系 ✖️ ✖️ 開業費用が高い
ファーストフード系 ✖️ ✖️ ✖️ 自由度が無い
カフェ系 ✖️ ✖️ 利用時間帯が少ない

ラーメン・麺系

開業コスト

比較的普通で、居抜き物件を探すことでさらに抑えることが可能です。

オペレーション

サイドメニューが多少影響してきますが基本簡単です。また会計を食券システムにて行うことも可能ですので人件費を比較的抑えやすい業態と言えます。

客単価

回転率が生命線の業態ですので、基本は安めに設定します。

自由度

メニューや食材、仕入先も決まっているため自由度は低いと言えます。

特徴

この業態の最大の特徴は何と言っても競合が多いと言うことです。

2017年のデータによると、日本全国に約32000軒あるそうです。これは電話帳にラーメン屋として登録している数ですので、中華料理店などを入れるとさらに増え20万軒くらいとさえ言われています。

コンビニの店舗数が約5万店ですから実にその4倍です。

競合が多ければそれだけお客さんの数は分散してしまいます。

焼肉・ステーキハウス系

開業コスト

テーブルに肉を焼くための炭を置いたり排気設備を整えたりと、開業費用は他のフランチャイズと比べ圧倒的に高いです

オペレーション

サイドメニューが多少影響してきますが肉をカットして提供するのみですので、比較的簡単です。

客単価

食べ放題や大皿料理などの魅力的なメニュー構成で比較的高単価ですので売上効率は比較的いいと言えます。

自由度

メニューや食材、仕入先も決まっているため自由度は低いと言えます。

特徴

この業態の最大の特徴は開業コスト高さです。店の規模によりますが、おおよそ1800万円〜2500万円の価格帯が大半。3000万円を超えるブランドもあります。

このリスクを冒してまで開業するか?非常に疑問です。僕は今現在イタリアンレストランを経営しており、業界での経験は約20年ですが、焼肉屋をやるかと言わたら、99%しません。(あくまで個人的な見解です)

今の時代開業費用はできるだけ抑えてたとえ少ない利益であったとしても、成り立つことが大前提と思います。

ファーストフード系

開業コスト

内装工事に加え加盟料が比較的高いジャンルと言えます

オペレーション

非常に細部まで計算し尽くされているので、作業はやりやすく簡単です。

マニュアルも徹底しているブランドが多く、教育面もきっちりしています

客単価

安めです

自由度

自由度はほぼ無いと言えるでしょう

特徴

商業施設の中で店舗を構えることが比較的容易な業態ですが、商業施設自体の来場者数に寄与してしまいます。

またコンビニが競合店となる可能性があるので、懸念材料では無いでしょうか

カフェ系

開業コスト

比較的普通で、居抜き物件を探すことでさらに抑えることが可能です。

オペレーション

サイドメニューが多少影響してきますが基本簡単です。

客単価

コーヒー1杯いくらかを考えると単価は必然的に安くなります

自由度

メニューの1部に関して仕入先や商品が決まっていることが多く、比較的自由度が高い方だと思います

特徴

コアとなる時間帯が短いため売上の頭打ちがすぐ決まってしまいます。人口がある程度集中しているところで出店する必要があるため、家賃が高くついてしまう可能性が高いと思います

まとめ

それぞれに特徴がありますが、どれも今ひとつな感じがします。

そこで1つオススメのジャンルをご紹介したいと思います。

それは・・・・・・

カレー屋です。

なぜカレー屋がいいか?

次の記事>>

フランチャイズを始める場合なぜカレー屋がやりやすいのか

お問い合わせ

新規開業をお考えの方はもちろん、すでに開業されている方もどんな些細な内容でも構いません。その1つ1つを丁寧にそして確実に共に解決していきます。ご相談は何度でも無料ですので、ぜひ1度お気軽にお問い合わせください。

番号をタップするとそのままお電話がかかります

簡単なご質問等個別のやり取りに便利なLINEをご活用ください。ご登録いただいた方皆様に、随時経営に役立つ情報を発信していますので、是非ご登録ください。

お問い合わせ

  電話でのお問い合わせはコチラ
TEL:0120-540-756