Slider

飲食店で1年を通して安定して利益を上げるために「損益分岐点売上高」を把握しましょう

飲食店経営

こんにちは

Googleマイビジネス「MEO対策」専門家

「福岡商工会議所登録相談員」篠崎です

今日は、飲食店で赤字を出さないために最低限必要な売り上げ「損益分岐点売上高」を把握するための計算方法をお伝えしたいと思います

この数字を把握することで、闇雲に売り上げを上げることに一喜一憂することなく、年間を通して安定して利益を出し続けることができるようになりますので、是非参考にしてください

損益分岐点とは【売上】=【経費総額】となる売上高で、簡単にいうと±0となる売上高と言えます。つまり損益分岐点の売り上げがあれば最悪赤字になることはありません

その損益分岐点売上高の計算方法は様々あり順を追って数式を並べていくと難しく感じてしまうので、詳しい内容は省略して、次の数式で導くことができます

     損益分岐点売上高 = 固定費 / 1ー 原価率

本来の計算方式と違った部分がありますが、飲食店の場合おおむねこの計算方式で算出できます

具体的に実際のお店を例に計算してみます

<広さ:15坪 席数:22席>

営業時間  :17:00〜24:00

原価率   :35%

オーナー給与:30万

アルバイト費:20万円

家賃    :25万円

水道光熱費 :8万円

その他経費 :10万円

このお店の場合の損益分岐点売上高は

     損益分岐点売上高 =30+ 20+25+8+10 / 1ー 0.35
              =93 / 0.65
              = 143万円

オーナーの給与を30万円としてこのお店は143万円売り上げれば赤字になることなくお店を続けることができます(*説明を限りなく簡素化するために、税務上の計算などは全て省いて考えています)

ここから逆算して日々必要な売り上げ予算を算出します

月の売り上げ :143万

日々の売り上げ:5万5千(月26日営業)

客単価    :3,500円

必要客数(1日)  :16名

閑散期でもこの損益分岐点売上高を達成できる仕組みをつくることができれば、1年をとして安定して利益を残すことができるようになります

この目標を達成するために最低限必要な人員配置と宣伝広告をまずは考えることが大切です

是非一度ご自身のお店の損益分岐点売上高を計算してみてください

本年もどうぞよろしくお願いします

Googleマイビジネス MEO対策ローカルエリア検索

安定した店舗経営のためにGoogle(グーグル)マイビジネス「MEO対策」をお勧めします。当社では実際に経営している店舗の実績をもとに、マップ検索で3位以内に入るための正しい「MEO対策」を御支援しています。是非ご参考ください

MEO対策

<福岡近郊/愛媛松山近郊はMEO対策訪問支援いたします>

「MEO支援対象エリア」全国

「ご訪問支援対象エリア」

北九州市小倉北区・北九州市小倉南区・北九州市門司区・北九州市八幡西区・北九州市八幡東区・北九州市若松区・北九州市戸畑区・福岡県福岡市・福岡県宗像市・福岡県直方市・福岡県飯塚市・福岡県福津市・福岡県古賀市・福岡県太宰府市・福岡県大野城市・福岡県筑紫野市・愛媛県四国中央市・愛媛県新居浜市・愛媛県西条市・愛媛県今治市・愛媛県宇和島市・愛媛県伊予市・愛媛県松山市・松山市千舟町・松山市大街道・松山市一番町・松山市二番町・松山市三番町・松山市湊町・松山市道後・松山市銀天街・松山市春日町

#MEO対策 #meo対策 #Google_map上位表示 #グーグルマイビジネス #ローカルエリア検索SEO対策 #Googleストリートビュー

お問い合わせ

  電話でのお問い合わせはコチラ
TEL:0120-540-756